English>> 
【SF漫画 『エルソナシンドローム』 公式サイト】
マンガonウェブ主催 第6回ネーム大賞特別賞受賞
News Books

2017/09/01


電子単行本2巻が発売されました。主要販売店リンク一覧



2017/08/15


「第9話 幻の花」を先読サイト「ESマガジン」で公開しました。付録: ROACHカラーイラスト&あとがき

2017/07/01 『マンガonウェブ10号』(エルソナシンドローム第8話掲載号)が発売開始されました。


→過去のニュース

【Web雑誌】

→マンガonウェブ公式サイトへ
『マンガonウェブ』1〜10号 好評発売中!!
(季刊 1月,4月,7月,10月発行/
『エルソナシンドローム』は3号から連載中。4号〜8号はSide-Bに掲載
iBookstore Amazon
YAHOO 楽天kobo
その他販売店一覧
無料お試し版 

【電子単行本】

→外国語版
はこちら
第1〜2巻、主要電子書店で好評発売中!!
LINEマンガ Amazon
YAHOO! Renta!
その他販売店一覧
<無料お試し版>
[1話2話] マンガonウェブ
[1話2話] pixiv
[1話2話] note
 
【先読みサイト】


最新第9話まで配信中!!
一話100円で、最新話を雑誌掲載1か月前に先読みできるサイトマガジンです。大変お得な冒頭5話セットや、付録もお楽しみいただけます。



Introduction














私たちの生活にパソコンやインターネットが浸透して、私たちの生活は格段に便利になりました。しかし、それまで沢山の人々が時間と労力をかけてこなしていた事が、あっという間に少人数でこなせるようになったおかげで、自分は社会からあまり必要とされていないのではないかと感じる人も、逆に増えてしまったのではないでしょうか。
非効率な事柄や人物の存在自体を敵視さえする効率偏重の考えは、やがて我々の生身の体すら非効率で維持に手間のかかる厄介な代物とみなすようになっていくのかもしれません。

2013年4月、米国のオバマ大統領は、人の脳の働きの全容解明に向けた大規模プロジェクト「ブレイン イニシアチブ」を発表しました。これによって、人の脳の働きが科学的に把握されれば、その脳が生み出す人間の精神をコンピュータ上で再現することも可能になるかもしれません。

『エルソナシンドローム』は、そんな起こりうる近未来を舞台にしたSF漫画です。遺体の脳から人の精神だけを読み取って電子化し、肉体を持たない不老不死の人間=電子人格として人生を延長することが可能になった未来を描いていきます。

その時人は、自らの生をどう捉えるのでしょう。生身の肉体維持のための様々なストレスから解放されて、人生をより長く楽に過ごせるようになるのでしょうか。

しかしその時、私たちの生身の体は、非効率な“抜け殻”として簡単に捨て去られてしまうのでしょうか?それは私たちの命の価値を軽視することにならないでしょうか?永遠に生きられることがわかった時、人は改めて「命の大切さ」など顧みるでしょうか?
不死とまではいきませんが、長寿化の進んだ現代でも、既にこうした傾向は現れ始めているのかもしれません。

『エルソナシンドローム』は、こうした命の価値の希薄化に直面した人々の、苦悩や葛藤を描いていきます。その時人は、果たして自らの「生きる意味」を見出せるのでしょうか。そもそも私たちが生きていることに意味などあるのでしょうか?人生が無意味であると考えたとき、私たちの胸に去来する一抹の寂しさもまた、無意味な感傷でしかないのでしょうか?

これは私たちの「生きる意味」を巡る、闘いの物語です。


ページTOPへ

Character



太剣(タツルギ)シンヤ(25才)

本作の主人公、多摩北署の地域課巡査。父親と折り合いが悪く、早くに実家を出て職を転々とし、最後に泥棒になるよりはと警察官になる。職務態度は適当だが、真面目な面もあり、格闘術に長ける。妹アキに対して、普段はつっけんどんだが、内心大事に思っている。
太剣アキ(17才)

シンヤの妹で8才年下の女子高生。シンヤとは血のつながりはないが、本当の兄のように慕っている。失恋を苦にエスコート自殺を図り、自らエルソナ(電子人格)になって人生をやり直そうと考える。甘えん坊で人目を引きたがる性格である一方、少々投げやりな所も。



帰空寺の和尚
(#02-)
川沿いに住むホームレスたちの精神的支柱、かつエスコート売買で経済的にもホームレスたちを束ねる売人元締めの一人。エスコート売買は人助けだと公言するが、商売目的だとタツルギに見透かされる。




クオン
(#02-)
川沿いに住むホームレスの一人で、エスコートの売人。売人仲間ではリーダー的存在。和尚を心から信頼している。


ドクター
(#04-)
タツルギ同様、エスコートの元売りを追うグループの中心人物。エルソナである。



サチ
(#04-)
弟のユウとともに、敵に命を狙われドクターにかくまわれている女性。

マチオ
(#04-)
表向きはリサイクル 屋のオーナー。ドクターに協力し、自社の倉庫を彼らの隠れ家として提供している。



ユウ
(#05-)
サチの弟。現在は昏睡状態にあり、意思疎通はできない。



ウィルソン
(#05-)
マチオ所有の執事ロボット。現在は主にユウの世話とドクターの手伝いをしている。





ページTOPへ

Story

#01「死の薬」
(『マンガ on ウェブ3号』掲載)


【あらすじ】
2074年東京。死後、遺体の脳から人間の精神だけを電子化し永続させる「エルソナ技術」が実用化され、人々は不老不死を現実のものにしていた。電子化された人々は、肉体を持たない電子人格「エルソナ」として、ネット上の仮想領域「ハーヴ」で永遠無償の楽園生活を約束された。しかし、彼らの中には、各々の理由から楽園生活を離れ、機械の身体を借りて現実界へ戻らねばならない者もいた。現実界へ戻った彼らを、人々は「帰俗者(きぞくしゃ)」と呼んだ。

現実世界では、失業率の悪化や自殺者の増加とともに、「エスコート」と呼ばれる安楽死薬が蔓延、人々は生身で生きる意味を見失い始めていた。「自分も早くエルソナになって、ハーヴで楽に暮らしたい・・・・・」そうした願望は、”エルソナシンドローム”と呼ばれた。

多摩北署の警察官である太剣(タツルギ)シンヤもまた、こうした世の中で、自らの生きる意味を見失いつつ生きる一人だった。「生きてることに意味なんてあんのかよ・・・」 一人の帰俗者を前に、タツルギは自問する。しかし、高校生の妹アキが、失恋を苦に突如エスコート自殺を図ろうとした時、タツルギの身体は無意識に妹の命を救うべく走り出していた。生きることに絶望した妹を、果たしてタツルギは救えるのか・・・・


◆全話あらすじ(最新話まで)◆
#01〜#04(1巻) #05〜#09(2巻)



ページTOPへ

Information

【作品概要】
   

−作品名

: 『エルソナシンドローム』
/ERSONA SYNDROME


−作者 : 左紳之介/Hidari, Shinnosuke
作者Webサイト作者ブログ

twitter(@Hidari_ShinnosK) | facebook(@gentplan)

−発行所 : ジェントプラン/gentplan
 


−作品略歴
・2014年12月 マンガonウェブ主催 第6回ネーム大賞3位(佳作)+ビーグリー特別賞 受賞
・2015年4月〜6月 FUNDIYにて原稿制作クラウドファンディングを実施し、目標額を達成。
・2015年8月 作品公式サイト オープン
・2015年10月〜 Web雑誌『マンガonウェブ 第3号』で連載開始
・2016年5月〜 電子単行本 第1巻 発売開始

【販売店情報】
   
電子単行本 主要販売店一覧




【1〜2巻】
発売中

iBookstore animate
Bookstore
Amazon ebookjapan いつでも書店
GALAPAGOS STORE 紀伊國屋書店 Google Play Comiコミ コミスト
コミック
シーモア
コミック.jp コミックらんど コミなび コミなび+
ConTenDo         
スキマストア スマート
BOOKストア
セブンネット
ショッピング
DMM.com DLmarket dブック DIGITAL
e-hon
読書の
お時間です
ニコニコ静画 Neowing
ハンディ
コミック
ひかりTV
フジテレビ
オンデマンド

BOOK WALKER ブックパス
ブック放題 BookLive ボイジャー honto ポンパレ
eブックストア
まんが王国 まんが学園 漫画人 漫画全巻
ドットコム
マンガ
ボックス
music.jp MOVIE FULL+
YAHOO! ヨドバシ.com
LINEマンガ 楽天kobo ReaderStore Renta!


【プレゼント情報】
     現在実施中のプレゼントはありません。

【広告情報】
   
広告チラシ <第2次配布終了>


[拡大画像を表示]

『エルソナシンドローム』と『マンガonウェブ』誌の広告チラシ(A4サイズ/両面)を配布しています。第2次配布分は、電子単行本1巻発売と雑誌6号発売をお知らせする内容です。

チラシに関するお問い合わせや、お店や人の集まる施設等に無償でチラシを置いていただける方がいらっしゃいましたら、下記問い合わせ先までお知らせください。

【問い合わせ先】



【配布時期・掲載・設置場所情報】
<第2次配布>(2016年7月〜)
・2016/07/27 「漫画onウェブ」佐藤漫画製作所様にチラシを置かせていただきました。(配布終了)

<第1次配布>(2015年10月〜)
・2015/11/14 NewsACT様がチラシを記事にして下さいました。
→電子書籍「マンガonウェブ」新連載『エルソナシンドローム』が画期的なプロモーション!ポスティングチラシにびっくり」
・2015/11/12 漫画空間高円寺店様にチラシを置かせていただきました。(無くなり次第終了)
・2015/10/23 立川まんがぱーく様にチラシを置かせていただきました。(無くなり次第終了)
・2015/10/01 「漫画onウェブ」佐藤漫画製作所様にチラシを置かせていただきました。(配布終了)




ページTOPへ


サイト運営:ジェントプラン/左紳之介の漫画


このサイト内コンテンツの無許可複製・転用を禁じます。 Copyright (C) 2010- "gentplan" Hidari, Shinnosuke All Rights Reserved.